奄美移住 移住準備

奄美名瀬港 - 鹿児島港のフェリー移動ついて【費用~予定まで】

2020年4月21日

a-line

 

奄美へ来るときに誰でも一度は考える?

フェリーでの行き方についてまとめてみました!

時間は少しかかってしまうけどとてもいいチョイスだと思います!

 

 

本記事のテーマ

奄美名瀬港 - 鹿児島港のフェリー移動ついて【費用~予定まで】

 

この記事で触れること

  1. かかった費用
  2. 予約の仕方
  3. 乗船前について
  4. 必要必需品(持っていったほうがいいもの)
  5. 乗船中の情報

 

悲運のコロナ時期

コロナと重なってしまい、飛行機が飛ばない。

そんなとき

フェリーで行こう!!

そんなかんたんな気持ちからフェリー移動が始まりました!

 

かかった費用

ferry-price

なんとかかった費用は! 51,560円

内訳:
運転手 + 軽自動車(4m以下) = 41,710円
大人 = 9,850円

思ったよりは高くありませんでした!

大事な車も持って行けて、しかも引っ越しも併せた渡航だったため

荷物もたくさん。。。

かなり安い金額で来ることができたと思っています!

 

予約の仕方

予約に関してはとてもシンプルです!

なぜかというと、電話一本で先払いの料金などもなく

本当に電話一本で済んでしまいます。

今回は車を持っていく予定だったので追加で車種車体の長さは聞かれましたが、

心配になるほどあっさりした予約でフェリーの予約が完了しました 🙂

 

乗船前について

before-embark

乗船受付は 奄美沖縄フェリーターミナル

受付時間は 13時から16時(コロナタイムだそうです)

住所は 〒892-0835 鹿児島県鹿児島市城南町45-1

今回はコロナ時期だったため、体温検査も途中あり

体調も何も悪くないがドキドキしながら体温測定をしました!

 

もし貴方がパチンカーでもない限り、周りには何もないので、(マルハンはある)

また運が良ければとても美味しいキッチンカーが周りをうろついているので食べてみてもいいかもしれません!

kitchen-car

この中でもやっぱりカレーが大好きなのでカレーを選択しました 🙂

あとは桜島を眺めながらゆっくりお仕事をして13時の受付を迎えました!

この間に近くのローソンなどで乗船後に飲むお水などGETしておいてもいいと思います!

船のレストランの水はとても不味いので!

 

必要必需品(持っていったほうがいいもの)

convinience-store

必要必需品

  • お水
  • 軽食(船内は総じてちょっと高い)
  • イヤホン
  • 読書をする方は本
  • 充電器(コンセントあります)
  • タコ足充電器(コンセントが少ないです)
  • 車検証(車を持ち込む方)
  • シャンプ&ボディーソープ(シャワーを浴びる方)
  • カメラ

出発時間は18時で到着が翌朝5時とかなので特に

ものを持ち込まなくても耐えれてしまうかもしれません!

 

乗船中の情報

reception

写真は受付です!

船内はとても広かったです!

ですがコロナの影響もありとても少ない乗客だそうで

通常の1割にも満たないらしいです!

今回泊まった船室は男女兼用の2等室です!

奥さんも一緒に泊まってくれたので一緒の船室でしたが

女性のみなら女性専用の2等室もあるので女性の方ならぜひそちらを使ってください!

中の雰囲気はだいたい一緒ですが、少々狭い部屋になります!

inside

 

船内の全体像は

outline

 

シャワー室はこんな感じ!

今回はシャワーを浴びませんでしたが次回は浴びてみたい!

シャンプーやボディーソープはついていないので

shower

 

船内は殺風景ですが甲板に出ることができるので外を眺めてみるのもフェリーの醍醐味です!

あいにくの雨模様だったため星空を拝むことはできませんでしたが。。。

乗船するとすぐに食堂がオープンしましたが、

18時から18時30分迄、

まさかの

30分営業!

これもコロナの影響ですね。

今回食べたのは、もちろんカレーです!

curry-in-ferry

一日何食食べてもカレーは飽きないので

迷ったらカレーですね!

お味は。。。美味しいとは言えませんでしたが、

やっぱりフェリーで食べるという経験だけは必要だったので

とてもいい経験ができました 🙂

今回のフェリー記事はこれで終了!

また思い出したら記事にしていきます!

-奄美移住, 移住準備