奄美移住 移住準備

【奄美大島への移住】住居探しのコツと期間【最短2ヶ月で移住】

2020年3月20日

奄美大島

奄美大島に移住をしようとしているけど家が見つからない人へ、「家の探し方、どこをターゲットに探せばいいのか。何度も足を運ぶのは大変だしお金もかかる。結局移住した人はどうしたのか知りたい。。」などなど

 

 

これらの質問に答えていきたいと思います。

 

本記事のテーマ

【奄美大島への移住】住居探しのコツと期間【最短2ヶ月で移住】

 

この記事で触れること

  1. 住みたい場所の下調べ(ネットでやること)
  2. 現地視察に行くまでの準備
  3. 現地に行ってからの対応
  4. 契約についての注意点

 

信頼性について

東京でエンジニアをしている僕と、飲食店で働いていた奥さんの二人で移住を決めて、移住までの期間が短いながらも1ヶ月後には住む場所を決めて2ヶ月後には引っ越しをするというタイトなスケジュールで移住を行いました。
詳細についてはまた後日引っ越し編とお仕事編を追加していきます。

 

1. 住みたい場所の下調べ(ネットでやること)

search

すでに住みたい場所が明確に決まっている方は飛ばしてもらってもいいと思いますが、悩んでる方決まっていない方はご注目ください!

生活に便利な場所がいい!」「海が見える場所がいい!」「便利さは求めないけどゆっくりした自由な場所がいい

いろいろな住みたい場所があると思いますので、どういったポイントで探していったのかを書いていきたいと思います。

生活に便利な場所がいい!

生活に最も便利な場所は 名瀬市内 ここは鉄板でしょうが、名瀬市内以外にも便利で住みやすい場所がありました!

 

1. やっぱり鉄板の名瀬市内

空港からは30分以上かかりますが、生活に必要なものからちょっとした買い物もすぐにできて、美味しいご飯屋さんも多いのが名瀬市内になります。

名瀬市内で住居を構えることで生活圏内20分以内で、スーパーはイオンモールグリーンストア、コンビニでもFamily Martから島人mart123Martがあります。薬局もすぐにマツモトキヨシがあるので安心して住めるでしょう。

また奄美市役所や病院、学校などもすべてが揃っているためお子さんがいる家庭でも生活に不自由なく過ごせるかと思います。

仕事を始めたい方もこのエリアが一番多いので現地で職探しをする人にもとても優しい場所になっています。

ポイント

生活圏内で買い物から子育て、仕事などすべてが揃う

注意ポイント

家賃が相場より高めなのと、田舎な雰囲気が味わいづらい

2. 空港にも近い龍郷エリア

龍郷エリアという、ととても広いのでどこに住むかによっても変わってしまうかと思いますが、空港にも近くなんでも揃うスーパー ビッグ3などが揃っているのでよく飛行機などを利用する方にはとても便利なエリアです。

お酒好きな人にはたまらない、「奄美大島酒造(株)」や「町田酒造株式会社」などがあるのがとてもいいですね。

移住者を大きく募集しているエリアでもあるので移住者にとって、とても優しい場所だとも聞いています。

仕事に関してもあるのですが、名瀬市内に比べては減ってしまうので、やりたいことを選んで仕事をする方には難しい場所かもしれません。

ポイント

空港から近く、移住者に優しいエリア

注意ポイント

仕事を選んですると見つかるまで時間がかかりそう

海が見える場所がいい!

海の見える場所。。

海が家から見えるような場所になると住みたいと思う方が多すぎて、時短で考えている場合は、基本的に最初の移住では住めないという結論です。

はい。どこでも10分から20分ほど車を飛ばせば見に行くことができるのでどこでもいいかなぁーと思います。

時間をかけていろいろな場所に顔を出して探すのが海辺の家を見つける唯一の方法になります。

注意ポイント

時間が限られている最初の移住では無理!

便利さは求めないけどゆっくりした自由な場所がいい

奄美に移住するならこれ!って思えるような住み方でとてもいい感じです。

また募集している住宅の幅も広がるので短期間で移住先を決めるならこの方法になってくるかと思います。

すでに触れた龍郷エリアもゆっくり自由な場所ですので住むのはありだと思いますが、名瀬を離れたほとんどすべての場所がここにヒットするようになります。

あとはどんな仕事をするかなどが一番重要になってくるかと思います。

ポイント

募集物件の選択肢が多く短期間でも決まりやすい

注意ポイント

生活圏内で小さな商店が一つとかもしくはないことがある

2.現地視察に行くまでの準備

flight

移住先を見つけるためにはやはり現地視察に行く必要があります。

視察に来たけど観光だけしていて何も家探しが進んでいない、そんなことが起きないようにまずは抑えておきたい3つの方法おすすめしていきたいと思います。

お役所が出しているところに連絡

奄美大島では少子高齢化や島を出ていく人が多く、人口減少や空き家問題が発生しているので、移住者ウェルカムモードで空き家バンク移住者支援制度などを行政のページなどでおすすめされています。

その中でもいくつか使ったものを共有したいと思います。

名瀬地域で探したいかた

運営先:  奄美市役所総務部プロジェクト推進課
電話番号: 0997-52-1111
ホームページ: https://www.city.amami.lg.jp/machi/shushoku/index.html

海がきれいな大和村エリア

運営先: 大和村役場
電話番号: 0997-57-2111
ホームページ: https://www.vill.yamato.lg.jp/hpkanri/kurashi/iju/index.html

瀬戸内文化に触れる瀬戸内エリア

運営先: 瀬戸内町役場
電話番号: 0997-72-1111
ホームページ: http://www.town.setouchi.lg.jp/kan/iju/index.html

民間運営のサービスに連絡

役場だけではなく民間のサービスでもとてもいいものあるので紹介します。

行政とも連携?移住支援サイト【ねりやかなや】

運営先: 株式会社ねりやかなや
連絡先: https://www.neriyakanaya.jp/company.html
ホームページ: https://www.neriyakanaya.jp/

ここでは移住体験や様々な移住支援サービスなども多数揃えているので一度連絡を取るのをおすすめしています。

鹿児島しまのサポーター

運営先: かごしま企業家交流協会
連絡先: 099-216-2050
お住まいリスト: http://www.shima-supporter.com/migrant/estate/
(**お住まいリストは別の企業様[鹿児島県離島振興協議会]が運営していますが連絡先は上記になります)

とりあえず家を見つけたい!地元賃貸業者に連絡

やはり行政や民間の奄美移住支援サービスだけでは移住までの期間が短い方では難しいですね。

そのため僕が移住したときに使った賃貸業者さんも併せたいくつかのサービスを紹介したいと思います。

僕たちが利用した【有限会社あっとホーム】

運営先: 有限会社あっとホーム
連絡先: 0120-48-8012
ホームページ: https://www.athomeota.co.jp/

リフォーム後の物件が多数 【有限会社エコサポート奄美】

運営先: 有限会社エコサポート奄美
連絡先: 0997-69-3405
ホームページ: https://www.ecosupport.biz/

3.現地に行ってからの対応

arriving

さて、いよいよ現地での住居見学の予定を準備して奄美に出発です。
ここでは実際に家を見せてもらうときや不足の事態に備えてどういったことができるかを書いていきたいと思います。

以下を注意して探すといいでしょう!


物件に行ったときに注意する点

  • シロアリ駆除はしているのか
  • 地域の催しはどのくらいの頻度で発生するのか
  • 近くに買い物ができる場所があるのか、またどんなものが購入できるか
  • 季節を通した災害等どんなことが起きたか
  • 最後の居住者からどれほど時間が経っているか
  • 支援制度など使えるものはないのか
  • 最低居住年数などあるのか

詳しくは今後別の記事で書きたいと思いますが、移住までの期間が短い方は最低限、「最低居住年数などあるのか」と「シロアリ駆除はしているのか」を気にするのがいいと思います。

まずは引っ越してその後にゆっくりと新しい場所を上記リストを照らし合わせて検討すればいいので。

4.契約についての注意点

contract

移住までの期間が短い方は基本的には個人間契約などはないかと思いますので、いくつか注意する点をまとめておきます。

万が一、島の方と個人間契約ができるとなっても最初はまだお互いを知らないのでしっかりと契約書を交わすようにしましょう。契約書をかわさず後々問題が発生することが多く起きてしまうのが賃貸契約なので身を引き締めて契約までこぎつけるようにしてください。

また島の物件は基本的には敷金2ヶ月礼金1ヶ月仲介手数料1ヶ月火災保険等で賃料の約5ヶ月分が引っ越しにはかかると考えておきましょう。

 


契約に関わる注意点

  • 最低居住年数などはないか
  • 移住後の仕事は決まっているのか
  • 島内の保証人が必要になるのか

詳しい契約の注意点等は今後賃貸会社さんと一緒にまとめておきますので少々お待ち下さい。

 

特に注意してほしいのは島内の保証人が必要になる場合です。この条件が必須になっている場合は、貸主様と妥協点を見つけてみてください。

 

多くの場合は、家賃の5〜6ヶ月前払いで済ませていたり、もしくは契約ができず最初に仕事を見つけて島民の仕事仲間に保証人になってもらうなどがありました。

でもこれに関しては移住までの期間が短い僕たちでは、無理だったので島民以外の保証人と安定した収入があるということで認めてもらうことができました。

移住のあれこれ質問募集しています

 

奄美移住をした新米ですがいろいろな質問に答えていきたいと思います。

 

もちろん答えられないときには奄美移住の先輩などの手助けや現地の方の手助けにより質の高い回答をさせていただきますので、いつでもお気軽にご連絡ください!

 

ツイッタ: https://twitter.com/GenkiAma

-奄美移住, 移住準備
-,